地域と…
                社会と…
                世界と…
                寄り添いながら学ぶ。
                京都文教大学
                あなたもきっと好きになる Love Bunkyo
                スクロール

                Vol.06 京都文教大学 軟式野球部 第40回「全国日本大学軟式野球選手権大会」優勝!! Vol.06 京都文教大学 軟式野球部 第40回「全国日本大学軟式野球選手権大会」優勝!!

                たくさんのご声援、
                ありがとうございました。

                決勝戦では7回裏に先制点を許したもの、誰一人下を向かず勝利を目指しました。その強い思いと熱い応援が、逆転勝利につながりました!
                前年の同大会での準決勝敗退という悔しい経験もバネにし、チーム一丸となって最高の勝利を手にしました。
                応援してくださった皆さまに心から感謝いたします。

                キャプテンから皆さまへの感謝のメッセージ

                『全国制覇達成』

                総合社会学科 4年 京都府立久御山高校

                私たちはこの目標を叶える為に、日々練習に励み野球と向き合ってきました。全国大会ではこれまで2014年3位、2016年3位と優勝へは届いていませんでした。しかしそんな私たちに、今までたくさんの方々に応援やサポートをしていただきました。その期待を感じていた私たちにとって、全国3位という結果は本当に悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。私たちが納得できる恩返しは言葉でも良いプレーでもない。「全国制覇」という結果だけだと感じました。その事に気付いたことで、これまで以上に私たちは野球に対して真摯に向き合い、日々成長することができました。私たちが全国制覇を成し遂げた理由。一言で言うと「チーム力」だと思います。このチーム力というのは、私たち野球部を支えてくださる方々全員を含めたものだと思っています。44人の部員が全国制覇を掴んだのではなく、監督コーチをはじめチームスタッフや、歴代のOBのみなさん、日頃からチームを支えてくださる京都文教大学の方々、そして応援してくださる全ての人達が「チーム」となり、掴めた全国制覇であることは間違いありません。たくさんの人達の思い、願いが繋がれてきた京都文教大学軟式野球部。全国制覇を叶えた瞬間、この報告を聞いた瞬間、みんなが笑顔になっていました。この笑顔が私たちが見ることのできた、最高の”日本一の景色”でした。軟式野球を選んだこと。この大学を選んだこと。そしてこの選択によって出会えた人や出来事。全てが私たちにとって大きな宝物になりました。この経験を生かして、これからの野球部としての活動、また社会人になってからも活躍していきたいと思います。最後になりますが、今大会関係者ならびに、軟式野球部を応援してくださった皆様方にお礼と感謝の意を申し上げます。今後も京都文教大学軟式野球部の応援をよろしくお願いいたします。

                2017年8月25日(金)、長野オリンピックスタジアムにおいて行われた決勝戦。強豪校として知られる作新学院大学と対戦し、4対2で勝利をおさめました。
                一人ひとりの個性を尊重し合い、みんなでアイデアを出しあいながら課題を克服してきたチームの力が、試合でも発揮されました。

                京都文教大学軟式野球部×野球教室
                子どもたちの夢、応援。

                本学では「ともいき(共生)」をテーマに地域の方々と学び合う「ともいきフェスティバル」を開催しています。2016年12月には、地域の子どもたちを対象とした野球教室を実施し、軟式野球部の学生が指導を担当。野球を心から楽しむ学生たちの姿勢が伝わり、終始子どもたちの笑顔と笑い声が飛び交う野球教室となりました。

                野球を通した交流の輪を広げていきたい。

                伊勢田ファイターズ 監督 浦上 工さん

                チームのOBが京都文教大学軟式野球部の監督と交流があり、2015年から野球教室に参加しています。京都文教大学軟式野球部の選手は高校まで硬式野球を続けていた人も多く、基本がしっかりしているのを感じます。学生のみなさんが楽しく、丁寧に指導してくださるので、子どもたちも毎年とても楽しみにしています。
                私たちのチームでは野球を通じた絆づくりを大切にしており、スポーツの技術だけでなく人として大切な礼儀や思いやりの心も野球を通して培っています。この意味でも、京都文教大学軟式野球部との交流はとても有意義なものとなっています。

                これからもずっと野球を続けたいです。

                伊勢田ファイターズ

                京都文教大学野球教室で教えてもらったストレッチを家でも毎日続けています。
                大学生のお兄さんたちのように、僕も大学で野球を続けたいと思いました。

                野球がもっと楽しくなりました。

                伊勢田ファイターズ

                京都文教大学のグラウンドでは、普段の練習ではできない遠投ができて楽しかったです!
                動きと声を合わせて「捕る」「投げる」練習をして、仲間との連携が深まりました。

                新しいことをたくさん教えてもらえました。

                伊勢田ファイターズ

                バッティング練習で私にあったバットの構え方や打ち方を教えてもらえたことが一番うれしかったです。
                その後も練習してコツをつかんだら打率があがりました!

                伊勢田ファイターズ

                2017年で創設39年目を迎えた少年野球団。スローガンは「心ひとつにファイターズ!」。現在は小学生31名が元気に活動しており、野球を心から楽しみ、仲間との絆を深めている。京都文教大学軟式野球部との交流は2015年から始まり、毎年冬に行われる「ともいきフェスティバル」の野球教室を通して交流を続けている。

                次回の「ともいきフェスティバル」開催は、2017年12月!
                詳細は本学HPでお知らせします。

                最新AV网址导航大全